500エラーがたまに出て原因不明が安定するようになったわけとは

MENU

500エラーが時々出る現象について

いつからなのか、
自分のサイトが全て「500 Internal Server Error」となっていて焦ったことが何度かありました。
500エラー(500 Internal Server Error)が時々出るのをなんとかしたい

 

 

収益をもたらすサイトで500エラーが起こってしまっては、その間もったいないので必死に原因を探りました。

 

考えられる原因

時々出るということで、まず以下は除外しました。

  • CGI を置いたディレクトリのパーミッション⇒念のため「755」を確認
  • .htaccessの問題

 

サーバーの負荷が高くなると500エラーが出ることもあるということですが、
全てのサイトのアクセスを足しても大したアクセス数はありません。

 

 

あと疑わしいのは、、、
サーバー設置型のアクセス解析か、
Wordpressのどちらかがバグで暴走してるのでは?

 

と思いましたが、どちらもアンインストールすることはできないので。。。
とりあえず他のサーバーに移転してみました。

 

どのサーバーなら現象がでないか

サーバーを移転してみて様子をみることに。
ロリポップ⇒ミニバード⇒ファイアバード⇒さくら

 

と転々としましたが、、、
「500 Internal Server Error」になる・・・

 

 

最後「エックスサーバー」でだめならあきらめるかと思い、
月額1080円を払う決心をしてエックスサーバーに移転してもう大丈夫だろうと、、、

 

「500 Internal Server Error」・・・

 

くぅ〜、やばい。。。

 

 

 

しかし「エックスサーバー」の設定でこんなのがあることを見つけました。

 

「PHP高速化設定(FastCGI化)」
なにやらCPUの負荷を軽減して実行を高速化できる仕組みのようです。

PHP高速化設定(FastCGI化)

 

 

 

「FastCGIを有効にする」と「APCを有効にする」にチェックを入れて「確定」ボタンをクリックするだけです。
(ドメイン毎に設定する必要があります)
500エラー(500 Internal Server Error)が時々出るのをなんとかしたい

 

 

この設定をやったら500エラーが出なくなり、今のところまだ再発していません。

 

 

管理人が借りたレンタルサーバーではこの設定があるのはエックスサーバーだけでした。

 

 

月額1000円はちょっと高いと思いましたけど、
けちって500エラーになって売上ストップになるよりは良いかなと思っています。

 

ですのでメインのサイトは全てエックスに移しました。

 

 

エックスサーバーの公式サイトはこちら(10日間無料でお試しできます)
     ↓↓
http://www.xserver.ne.jp/

 

 

 

レンタルサーバーの基礎

ドメイン

このページの先頭へ