レンタルサーバーとは | 格安レンタルサーバーおすすめランキング

MENU

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、インターネット上に公開するため、ホームページやメール等のデータを置く場所を借りるサービスのことです。
ホスティングサービスとも言います。

 

ホームページを作り、インターネットで公開するためにはサーバースペース(ホームページスペース)が必要になります。
レンタルサーバーを借りずに自分でサーバーを立ち上げることも可能ですが、高度な技術や手間がかかります。
そこでホスティング業者のサーバースペースを借りるサービスがレンタルサーバー(ホスティングサービス)になります。

 

無料のレンタルサーバー(無料ホームページスペース)について

レンタルサーバーには無料のものから有料のサーバーがあります。プロバイダにも無料のホームページスペースやメールが利用できるものがあります。
無料のレンタルサーバーのメリットはなんといっても無料なところです。

 

 

初めてホームページを作るときや、サークルなどのホームページで閲覧する人が限定されている場合などは、まずは無料のレンタルサーバーを利用することで、失敗しても損はしません。
ですので、まずは無料のレンタルサーバーをおすすめします。

 

しかし、商用目的のホームページなど本格的にサイトを運営しようとしたときは、無料ホームページスペースではデメリットが多く、有料のレンタルサーバーを検討した方がよいでしょう。

 

無料のレンタルサーバーのデメリットとしては主に以下があげられます。

  • 広告が強制的に挿入される
  • 容量が少ない
  • CGIなどのプログラムが使えないなど制限が多い
  • サポートが無い
  • ホームページの表示速度が遅い

 

広告については、強制的に目立つバナーなどが表示されるサーバー会社もあれば、全く気にならないほどのテキスト広告や、中には広告なしのサーバー会社もあります。
ほとんどのサーバー会社では有料版へのアップグレードで広告表示が消せるようになっています。

 

 

有料のレンタルサーバーについて

有料のレンタルサーバーについては、利用料金は月数百円と格安のものから月数千円のものまでさまざまです。

 

有料レンタルサーバーのメリットとしては主に以下があげられます。

  • 広告が表示されない
  • 容量が大きい
  • CGIなどのプログラムが利用可能
  • サポートの充実
  • ホームページの表示速度が早い

 

有料レンタルサーバーのデメリットは利用料金が掛かることです。

レンタルサーバーの基礎

ドメイン

このページの先頭へ