独自ドメイン取得の注意点 | 格安レンタルサーバーの最新情報!おすすめ比較ランキング

MENU

Whoisの個人情報が公開される

 

ドメインに登録すると個人情報が公開されます。

 

個人情報を公開したくないという方は、各ドメイン取得業者でドメインを取得する際に、Whois情報の設定で「業者による代理公開する」に設定しましょう。

 

Whois情報を代理公開できるドメイン取得会社一覧

 

Whois(ふーいず)ってな〜に?

 

Whois(ふーいず)とはインターネット上に公開されているドメインの登録情報のことです。
ドメインが誰のものか、どのレジストラで取得されたか、登録日、ネームサーバ名などの情報が含まれています。

 

ドメインの登録情報は第三者へも公開され、一般の人も確認できる状態で公開することが義務付けられています。

 

 

 

 

Whoisの個人情報が公開される関連ページ

ドメインの更新費用に注意
独自ドメインの取得は初年度はキャンペーン価格で取得できても、2年目以降の更新時は通常料金になります。
独自ドメインの有効期限切れに注意
独自ドメインには有効期限が設定されています。期限が切れる前に更新手続きをすることで、次年度も継続利用することができます。
過去にブラックリストに登録されていないか
選択したドメインが空きドメインでも以前に誰かが所有していた場合、そのドメインが過去にペナルティを受けてブラックリストに登録されていないか確認する必要があります。万が一、取得したドメインが検索エンジンのペナルティを受けていた場合、ブラックリストに登録されているとほとんどの場合検索エンジンにインデックスされません。
トラブルになりそうなドメイン名は避ける
実在の企業名・製品名やサービスなどと同じ名前や紛らわしいドメイン名はトラブルの元となる可能性があります。

レンタルサーバーの基礎

ドメイン

このページの先頭へ