独自ドメイン取得の注意点

MENU

独自ドメイン取得の注意点

独自ドメインは新規に取得する際は、キャンペーンなどでかなり安く取得できます。しかし、安いからといって作成する予定がないサイトのドメインまで新規に取得しすぎてしまうと2年目の更新からは通常価格ですので注意しましょう。

ドメインに登録すると個人情報が公開されます。個人情報を公開したくないという方は、各ドメイン取得業者でドメインを取得する際に、Whois情報の設定で「業者による代理公開する」に設定しましょう。Whois情報を代理公開できるドメイン取得会社一覧Whois(ふーいず)ってな〜に?Whois(ふーいず)とはインターネット上に公開されているドメインの登録情報のことです。ドメインが誰のものか、どのレジストラで...

独自ドメインには有効期限が設定されています。期限が切れる前に更新手続きをすることで、次年度も継続利用することができます。更新のお知らせについては、メールでの通知がほとんどですので、期限切れにならないよう充分注意する必要があります。

選択したドメインが空きドメインでも以前に誰かが所有していた場合、そのドメインが過去にペナルティを受けてブラックリストに登録されていないか確認する必要があります。万が一、取得したドメインがブラックリストに登録されていた場合、ほとんどの場合検索エンジンにインデックスすらされなくなってしまいます。下記のサイトでチェックできます。>>aguse.jp判定結果が全て「○SAFE」ならOKです。ドメイン取得サ...

実在の企業名・製品名やサービスなどと同じ名前や紛らわしいドメイン名はトラブルの元となる可能性があります。独自ドメインを取得する際は、そのドメイン名で事前に検索エンジン等で調査し、トラブルになりそうなドメイン名は避けるようにしましょう。

レンタルサーバーの基礎

ドメイン

このページの先頭へ